【ニュース】WILL2022@オンライン:「成果報告会」の参加者募集を開始しました

JPBVソーシャルビジネス支援プログラム「WILL」は、日本における「価値を大切にする金融」の普及と実践を目的として2018年12月に設立された「JPBV」に賛同する金融機関の役職員が、仕事で培ったスキルや経験等を生かして、ソーシャルビジネスを半年間応援するプログラムです。


今年度のWILLには、3つの金融機関から4名の職員(トレーニー)が参加し、以下の2団体を2022年7月から伴走支援してきました。

NPO法人寺子屋方丈舎(福島県会津若松市)

NPO法人ひだまり創(岐阜県笠松町)


この度、WILL2022@オンラインに参加したみなさんの半年間の変化をお伝えする「成果報告会」をオンラインで開催します。


本イベントでは、次の事業を(高難度の価値の交換である)継続的な寄付で育む戦略を構築するために、各支援先がトレーニーや本プログラム協力先のファンドレイザーとともに策定した「社会を変える」計画や“志金”調達計画を発表します。


イベント当日は欠席でも、お申し込みいただいた方には後日、当日の動画を期間限定で視聴できるURLをメールでお知らせします。

お申し込み、お待ちしています!


●日時 2022年12月14日(水) 15:00~16:30


●配信方法 Zoom

⇒12月13日(火) にイベント当日のURLをメールでお知らせします。(迷惑メールに振り分けられている場合がありますのでご注意ください。)


●参加費 無料


●申込方法 下記URLからお申し込みください。

https://forms.gle/WyC97HaBdJGLNiU26

⇒当日参加の定員は100名です。当日参加の申込者が100名に達し次第、当日参加は〆切とさせていただきます。お早めにお申し込みください。(2022年12月2日17時半現在の当日参加申込者は64名です。)


●問合先 合同会社めぐる(担当:木村)

こちらからお問い合わせください。


※本イベントは「寄付月間2022」の賛同企画です。